理事長からのメッセージ

Message

理事長からのメッセージ

日本股関節学会 理事長 杉山 肇

新年のご挨拶

謹啓

新春の候 皆様には益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。

平素は本学会の活動に格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

昨年10月の第46回学術集会をもって久保俊一理事長が退任され、理事会の推薦と社員総会の承認を受け理事長を引き継いでおりますので、新年を迎え改めて会員をはじめ関係各位にご挨拶を申し上げます。

本学会は、股関節学の進歩普及に貢献することを目的として、昭和49年に日本股関節研究会として発足し、平成3年から日本股関節学会と名称を変更しております。そして、平成22年には理事長制が導入され、久保俊一理事長の下に学会としての体制が整い、会員も大きく増加して、平成30年9月に一般社団法人に移行して、より安定した学会へと成長してまいりました。これも諸先生方のご努力によるものであり、関係各位のご支援によるものと感謝しております。その後を引き継ぐことは大変な重責ですが、皆様に支えていただきながら、学会のより安定した基盤づくりと今年度の大きな目標であります骨切り術・股関節鏡手術の登録制度の確立にむけ邁進したいと思います。

皆様には、引き続き一層のご指導、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

謹白

令和2(2020)年1月1日
一般社団法人 日本股関節学会
理事長 杉山 肇